ノロウイルスを徹底ガード!|辛い症状にサヨナラ・グッバイ

中年女性

恐ろしい食中毒

ベッド

ノロウイルスが体内で増殖すると、おう吐や下痢などの症状が現れてしまいます。ノロウイルスを防ぐ方法をしっかり把握しておくことが大切です。流行する冬場のシーズンには特に注意しましょう。

詳細を確認する

対処方法を知る

咳き込む人

冬場のシーズンになるとノロウイルスに感染する人が増加し、腹痛や吐き気やおう吐といった症状が現れます。ノロウイルスは100個以下の少数でも感染症状が現れる強力な細菌で、免疫力が弱い小さな子どもや高齢者が感染してしまうと重症化してしまうこともありますので、感染を予防する方法や感染した時の対策などを把握しておくようにしましょう。
ノロウイルスが手に付着した状態で食事を摂ることによって体内にノロウイルスが侵入してしまうこともありますので、手洗いを徹底するようにしましょう。手洗いをする際は石鹸を用いてしっかりもみ洗いをすることが非常に大切で、手の甲や指先や爪の間までしっかりゴシゴシと洗うようにしましょう。外出先から帰宅した時や食事を摂る前や調理をする前後などに、入念な手洗いを行なうことによって高い予防効果を得ることが出来ます。手洗いだけではなくキッチンや調理をするまな板や包丁なども殺菌消毒するように心がけましょう。ノロウイルスに感染しないように厚生労働省が、付けない・増やさない・やっつけるという3つの予防法を提案していますのでそれぞれどのような意味があるかを把握しておくことが大切です。
ノロウイルスに感染してしまった場合は下痢やおう吐といった症状が現れ、身体から水分が失われていきます。失われた分の水分を補わないと脱水症状になってしまうこともありますので、こまめな水分補給を行なうようにしましょう。水分補給を行なう際にも幾つか注意点がありますので、そのような点も把握して、症状が重症化しないように病院で診察を受けましょう。

予防対策を知る

女の人

ノロウイルスの適切な対策を厚生労働省が発表しているので、把握しておくようにしましょう。つけない、増やさない、やっつけるという3つの予防方法を実践することで症状を防ぐことが出来ます。

詳細を確認する

治療方法を知る

寝室

ノロウイルスにかかってしまった場合は、すぐに医療施設で治療を受けるようにしましょう。自宅療養を行なう際に最も重要なのが水分補給です。脱水症状にならないためにこまめに水分補給を行ないましょう。

詳細を確認する